本庄市

こだま千本桜

こだま千本桜
こだま千本桜
小山川河畔5㎞にわたり、約1100本のソメイヨシノが植栽され、市民の憩いの場になっています。

季節の花々に囲まれたエコタウン 本庄

本庄市の特徴

本庄市の特徴の1つは、地の利を活かした豊かな交通網が挙げられます。江戸時代に中山道の最大の宿場町として発展するなど、古くから交通の要衝となっており、現在でも関東と上越・信越を結ぶ関越自動車道、都心から群馬・長野へのアクセスをサポートする3本の主要な国道と、上越新幹線、JR高崎線、JR八高線といった、都心にも上越・北陸方面にも手軽に行ける豊富な交通網を有しています。
また豊かな自然環境にめぐまれながら、地震や風水害などの自然災害の少ない土地でもあります。この水と緑に恵まれた肥沃な大地から生産される花と野菜は、全国各地へ出荷されています。

子ども大学ほんじょう
子ども大学ほんじょう
子ども大学ほんじょう
早稲田大学との包括協定に基づき、児玉郡市の小学5、6年生を対象に実施しています。子どもの知的好奇心を刺激する様々な専門家による講義が行われています。
マリーゴールドの丘公園
マリーゴールドの丘公園
マリーゴールドの丘公園
本庄早稲田駅の東側に位置する公園です。毎年秋には園内が鮮やかな色彩に包まれます。高台にあるので、市街地を一望することができます。
笑う盾持ち人物埴輪
笑う盾持ち人物埴輪
笑う盾持ち人物埴輪
前の山古墳から出土した、笑っている表情が珍しい埴輪です。本庄市マスコット「はにぽん」のモデルにもなっています。本庄市立歴史民俗資料館に展示しています。
本庄市立歴史民俗資料館
本庄市立歴史民俗資料館
本庄市立歴史民俗資料館
明治16年に本庄警察署として建てられた本庄初の本格的洋風建築です。毎週月曜休館。入館無料。
本庄産の農産物
本庄産の農産物
本庄産の農産物
本庄市は県内有数の農業が盛んな地域です。きゅうりやなす、玉ねぎなどが全国へ出荷されています。

本庄市の概要

本庄市の風景

総人口78,972人(推計人口、2016年8月1日)
相談窓口企画課 電話:0495-25-1111(代表) 内線3211・3212
市町ホームページhttp://www.city.honjo.lg.jp/
子育て支援保育園 21園(待機児童なし)、 幼稚園 8園 子育て支援センター 6か所、児童センター 3か所
学校小学校 12校、 中学校 4校、 高等学校 6校