深谷市

JR高崎線「深谷駅」

JR高崎線「深谷駅」
JR高崎線「深谷駅」
東京駅が深谷産のレンガを使用していることから、東京駅をイメージして造られました。この駅は、渋沢栄一翁の顕彰とレンガを活かしたまちづくりを進める深谷市にとって、シンボル的な存在となっており、「関東の駅百選」にも選ばれています。

花と緑があふれる自然など、多くのかたを惹きつける魅力いっぱいのまち深谷市へ

深谷市の特徴

深谷市は、平成18年1月に旧深谷市、旧岡部町、旧川本町、旧花園町が合併して誕生しました。 関東を代表する利根川と荒川の2大清流の恩恵を受けた肥沃な大地では、全国的に有名な「深谷ねぎ」をはじめ、ブロッコリー、きゅうり、トウモロコシなど、新鮮でおいしい野菜のほか、深谷ゆりやチューリップなどの花の生産も盛んで、全国有数の農業地帯となっています。 さらに「関越自動車道花園IC」や、レンガのまち深谷のシンボル的存在の「JR深谷駅」が玄関口となり、首都圏から70キロメートル圏内という立地と交通の便の良さから、商工業も発展を続けています。 また、平成22年6月に誕生した深谷市イメージキャラクター「ふっかちゃん」は、今や地域や世代を超えてたくさんの人に愛され、深谷市の元気のもとにもなっています。 花と緑があふれる自然など、多くのかたを惹きつける魅力いっぱいのまち深谷市へ、ぜひお越しください。

深谷グリーンパーク・パティオ
深谷グリーンパーク・パティオ
深谷グリーンパーク・パティオ
北関東最大級の全天候型屋内アミューズメントプールです。屋外には、大小5つの広場と花壇があります。数万株のチューリップやユリが咲き誇る姿は見ものです!
ふかや緑の王国
ふかや緑の王国
ふかや緑の王国
「市民がつくり市民が守り育てる市民の森」として広く親しまれている「ふかや緑の王国」。秋に行われる「あかり展」では、幻想的な風景が広がります。
深谷まつり
深谷まつり
深谷まつり
深谷城にあった三社天王を天和年間に移し、祭祀した「八坂まつり」が起源で、三百有余年の歴史があります。
深谷花火大会
深谷花火大会
深谷花火大会
8月に荒川の河川敷で行われる深谷花火大会では、「深谷の夜空を彩る真夏の花火」をテーマに、尺玉やスターマインなど約4,000発の美しい花火の競演を楽しめます。
深谷ねぎ
深谷ねぎの収穫量は全国1位。深谷ねぎは通年収穫されますが、その中でも、晩秋から冬にかけて出荷される秋冬ねぎが最高です。この時期の深谷ねぎは糖度が高く、とろけるような食感が特徴です。

深谷市の概要

総人口144,764人(推計人口、2016年10月1日)
相談窓口企画課 電話:048‐574‐8096(直通)
市町ホームページhttp://www.city.fukaya.saitama.jp/
子育て支援保育園 43園(待機児童なし)、 幼稚園 14園 子育て支援センター 16か所
学校小学校 19校、 中学校 11校、 高等学校 5校